読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Special One For You!

大切な方へのギフト・プレゼント選びに役立つ情報とラッピング方法などをまとめて発信していきます*

しまうまプリントでフォトブックを作ってみた!


こんにちは。
kumaです。

以前母の日のプレゼント記事でご紹介したしまうまプリントのフォトブック
、ずーっと気になっていて、色々調べた結果色んなフォトブックの中でも1番良さそうだったので作ってみました!

スマホで撮った写真って撮ったままほったらかしになってたまに見返すぐらいなのです…。

フォトブックにすれば思い出が形になりますし、せっかく作るならいいものを、

ということで2月に行った金沢旅行の写真をフォトブックにしてみました*


しまうまプリントとは

まず、
しまうまプリントのフォトブックとは?ということですが、一言で言えば格安で上質なフォトブックが作れるサイトです。

簡単に言えばネットの印刷屋さんですね。

ここ数年、ワンコインでフォトブックを作成できるサイトはたくさん出てきましたよね。
TOLOTやnohanaが有名ですがしまうまプリントも最近よく名前を耳にするようになりました。

実際に作成された方や複数社で作成して比べた方のブログなどを参考にした結果、
しまうまプリントが紙の質が良く、発色も良さそうだったのでしまうまプリントに決めました!

サイトはこちらから!


フォトブックの作り方

実際に作成するにはサイトからとアプリからがあります。
私はアプリから作成しましたが、パソコンに写真が入っている方はサイトからのほうがやりやすいと思います。

まず、サイズが3つあるので好きなものを選びます。
私はスクエアにしました*


ちなみに料金はこんな感じ。
文庫サイズ:36ページ 198円
A5スクエアサイズ:36ページ 298円
A5サイズ:32ページ 498円

どれもワンコイン以内…!



サイズを決めたら、表紙を含め36枚の写真を選びます。

並び替えや入れ替えをし、全ページの写真、順番を決めます。
アプリでは長押し+ドラッグで簡単にできました!

1ページに2枚以上入れたい場合は写真加工アプリを使って複数の写真をコラージュしたりして工夫しましたよ*

もちろん美肌加工などもしました(小声)

写真を選んだらプレビューを確認し、注文します。

ちなみに、表紙の紙の色は今回白にしましたが、編集のときに選べます!

支払い方法はクレジットカード、コンビニ払い、代引きとあります。手数料などを見て私はクレジットカードにしました。

アップロードして注文完了です*


感想としては、本当に簡単!
友人にも勧めて見たのですが、機械音痴の友人でも作れていました!


作成完了からお届けまで

配送は基本ゆうメールで、有料ですがゆうパックに変更することもできます。

詳しく調べずに、ゆうメールなら2、3日ぐらいで着くかなーと思っていたのですが、来ない…3日過ぎても来ない…と思っていました。

そしたらなんと発送元が鹿児島!!

それは2日じゃ着かないわけだ!笑

なのでこれから注文される方、早めに着かなくてもご安心を!


完成品の感想

到着したものを手にした正直な感想は軽!!でした。笑

でも、ちゃんと水に濡れない包装をされていて、赤い包装にしまうまが可愛かったです。

横から見るとこんな感じ。

フィルムを剥がすとフォトブックが裏返しに入っていました。


すごく楽しみにしてたのでわくわくしながらそっと裏返してみると……

おおーーー!!出来てるーー!!!

いや、出来たから届いたのですが、初フォトブック、なかなか感動でした!

紙質も薄くないし、少しザラザラ目の手触りもいい感じ。
発色もいいし、印刷の粗さとかもなかったです。

ちなみに表紙はこんな感じでまさに本のカバーって感じになっています。

背表紙もきちんと印刷されているので、旅行やイベントの度に作ったり、お子さんのいる方は毎月など期間ごとに作成されると、並べた時にもわかりやすく綺麗かと思います*

満足度としては120%ですね。コスパ良すぎます。これで298円ですからね。


まとめ

本当に作ってよかった、というのが感想です。

一緒に旅行に行った彼に軽くラッピングをして渡しましたが、男性にもとても喜んでもらえました!

特にお子さんがいる方、旅行好きな方、本当おすすめです。

昔は旅行に行った写真を印刷し、無地のアルバムに色んなデコレーションをしてスクラップして、アルバムを作って楽しんでいましたが、今はもうその時間がない…気力もない…という最近。
空いてる時間や電車の中でも作れるので隙間時間を有効に使えますね。

本当におすすめなのでこの機会に作ってみてくださいね*




新生活を送る方に。女子力120%upの輸入雑貨のプレゼントを♪


おひさしぶりです。
kumaです。


年度替わりの忙しさですっかりお久しぶりになってしまいました…。


今日から新年度ですね!
新社会人の方々の姿がたくさん見られて私も新鮮な気持ちにさせてもらいました。


春は環境が変わる方たくさんいらっしゃいますよね。
私の妹も春から社会人でとっても緊張した入社式だったようです。

あんなにちっちゃかった妹なのに…しみじみですね…。


進学や就職で新しい環境に進む人、転勤や転職で新しい環境に行く人。
あなたの周りでもいらっしゃるかと思います。

今回はとっても可愛い輸入雑貨を見つけたので女子力高めな、可愛いものが大好きなお友達や姉妹の方へ女子力高めの生活雑貨のプレゼントとしてご紹介したいと思います。


Y-KAGUさんというお店でもともとは輸入家具屋さんなのですが、こちらの雑貨がまた可愛いんです。


こちらで見つけた私のお気に入りをご紹介します。

サニタリー、バスグッズ

f:id:kuma999:20170403214419p:plain

サニタリー・バスグッズは陶器系アクリル系があります。
写真は陶器タイプなのですが、白に統一されてついそろえたくなります。

もう、写真を見た瞬間、「か、かわいい。」と声に出てしまいました。

でも、結構お値段しそうに見えますよね。
可愛いけど高そう・・・というのが第1印象でした。

是非サイトを見ていただきたいのですが以外に安い。
本当に。びっくり。

お風呂好きの方に喜ばれそうですね!

ジェファニーテイラーの小物入れ、ジュエリーボック


アメリカの高級ファブリックブランドであるジェフぁニーテイラーのトランクボックスです。
私の好みでグレーを載せましたが、ピンクや水色、モノトーンの柄物もあります。


こちらと同じデザインでトレーもあるので合わせて置いたらさらに可愛いかと…♡


この3段ボックスはインテリアとしてもとっても可愛くなりそう。

画像クリックで商品ページに行けます♪

ジュエリーボックスってほしいけどなかなか購入に至らなかったりするのでプレゼントに良いかもですね。

TAITU(タイツー)の食器ギフト


ここではイタリア食器で人気のTAITUグッズも購入できます!

フルーツモチーフから、フラワーモチーフもあるので女性受け間違いなしですね。


私もいくつか頂いたことがあるのですが食器のプレゼントって本当ありがたいですよね。
食器っていくつあってもいいんですよね。可愛い食器っていくらでも欲しいです!


今は完売になってしまっているのですが、子供向け食器もあるので、そちらも注目です。


クッション、テーブルランナー


こちらは先ほども出てきたジェニファーテイラーのクッションたち。
素材も色味も可愛い~!

このVeloursシリーズも可愛いのですが、今回見つけたもうひとつ可愛いのがこちら。

このWinstonシリーズ。このブルーすごい可愛くて一目ぼれです。
ブルーに白が本当にアクセントになっていて上品さもあって大人の女性にぴったりです。


こちらもジェニファーテイラーのテーブルランナーですが、クッションと合わせれば統一感のあるインテリアになりそうですよね。
テーブルランナーって憧れはあるものの本当に自分では買わない一品です。

プレゼントにもいいですがご自宅用にもこの機会にそろえてみてもいいかもですね♪

テーブルランナーはかしこまりすぎてちょっと・・・という方にはテーブルクロスもありますので是非見てみてくださいね。


まとめ

今回はかなり女子力高めのギフトをご紹介しました。

可愛いもの好きのあの方へのプレゼント選びにお役立てできたら幸いです♡

趣味にあったプレゼントが見つかりますように。




こちらから購入できます♪
ご紹介した商品以外にもたくさんありますので見てみてくださいね!




ブログが空いてしまったkumaですが、先日ご紹介したしまうまプリントで実際にフォトブックを頼んでみたので後日またレポートをアップしますね♪

届くのが楽しみですー!


ではまた♪

母の日に お金のかからないプレゼント編


こんにちは。
kumaです。

前回の記事ではおすすめプレゼントを紹介させていただきましたが、プレゼント以外にもお母さんへの感謝を伝える方法はいろいろとありますよね。

母の日コムというサイトでのアンケート結果を参考に、お金をかけたプレゼント以外の気持ちを込めたプレゼントについてあげていきたいと思います!

そもそも母の日の起源って?

世界各国にある母の日ですが、日付の起源はそれぞれのようです。

ジャービスの死後2年経った1907年5月12日、その娘のアンナ(Anna Jarvis)は、亡き母親を偲び、母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会をもち、白いカーネーションを贈った。これが日本やアメリカでの母の日の起源とされる[1]。

アンナの母への想いに感動した人々は、母をおぼえる日の大切さを認識し、1908年5月10日に同教会に470人の生徒と母親達が集まり最初の「母の日」を祝った。アンナは参加者全員に、母親が好きであった白いカーネーションを手渡した。このことから、白いカーネーションが母の日のシンボルとなった。アンナ・ジャービスは友人たちに「母の日」を作って国中で祝うことを提案。

1914年に「母の日」はアメリカの記念日になり、5月の第2日曜日と定められた[2]。


こちらウィキペディアからの引用ですが、元々母の日が生まれたのは南北戦争中のアメリカのようです。

亡き母を偲び、記念会を持ち、白いカーネーションを贈ったことが起源のようです。

悲しい出来事が起源とはなっていますが、毎日の当たり前のことに感謝し、お母さんを、母の日を大切にしたいですね!

お母さんがされて嬉しいこと1位とは

母の日にはお花を用意したり、プレゼントを用意したり、ものをプレゼントして喜んでもらうのもとても大事なことですが、

「お母さんがどんなことをしてもらえたら嬉しいですか?」というアンケートに対して1位の回答が「家族と一緒の時間を過ごす」という結果です。


純粋に同じ時間を過ごして同じことを楽しむ、ということが嬉しいんですね。


一緒に買い物をしたり、お出かけをしたり、おうちでゆっくり過ごしたり、その日の行動をお母さんと一緒に計画するのも楽しそうですし、サプライズで用意してもいいですよね。


今年は一緒の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。


お母さんがされて嬉しいお手伝い

アンケートによるとお母さんがされて嬉しいお手伝いは「食事の用意」がダントツで1位のようです。


毎日用意してくれるごはんですが、冷蔵庫の残り物を考え、栄養バランスを考え、家族の帰宅時間を考え、自分の予定を見て買い出しに行き…と、本当一苦労ですよね。

本当に世のお母さん方ありがとうございます、と頭が上がりません。


そんな日々の1食でも、自分のために作ってもらえたらとっても嬉しいはず。
外食もいいですが手料理はとても気持ちが感じられますよね!


手料理の中でも、お母さんの好きな食材を入れるとか、よくあるカレーのCMのように形をどこかハートにしてみるとか、一工夫いれるともっと喜ばれるかもしれませんね♪

1位の食事の用意に続いて2位は家の掃除、3位は買い物、と続いています。
それぞれのライフスタイルに合わせて喜ばれることをチョイスしてみてください。


一番気持ちが伝わる方法

いつも感謝を感じつつも、言葉や形にするのはなんだか照れくさかったりしますよね。

なので是非、イベント事に背中を押してもらい、照れ臭い壁を超えて形にして伝えるべきだと思います。


そしてやっぱり一番気持ちが伝わり、受け取る側も嬉しいのは手紙ではないでしょうか。

いつも当たり前にしてもらっていることへ改めて感謝する機会になり、お互いにとってとても良い思い出となると思います。


まとめ

感謝を表す方法はたくさんあります。プレゼントを贈るのもいいですし、行動で表すプレゼントも喜ばれると思いますので、是非あなたのお母さんが喜ぶことをしてみてくださいね!