Special One For You!

大切な方へのギフト・プレゼント選びに役立つ情報とラッピング方法などをまとめて発信していきます*

”いいもの”が集まったJR東海オンラインショップが熱い件について

こんにちは。
kumaです。

JR東海が運営しているいいもの探訪というオンラインショップが熱いのを知っていますか?

旅行のお土産やお取り寄せ商品など、地域のこだわりの名産品が買えるサイトなのですが、かなり質の良い逸品だらけなんです。

最初に知ったときはJRってお土産ショップやってるんだ!というのが正直な印象でした。

でもでも、よく考えたら地域に密着しているので知る人ぞ知る名産品を紹介できるわけですよね!

さらに今は父の日のプレゼント特集も組まれていました♪

調べてみたらおすすめポイントが詰まっていたのでプレゼントやギフトにもぴったりと思ったので是非ご紹介したいです♡


どんな地域のもの、どんな商品を売っているの?

JR東海なのでもちろんその沿線の地域になるのですが、詳しく書くと静岡、愛知、三重、長野、山梨、京都、滋賀、岐阜の地域のようです。

世間一般的な東海地方と呼ばれる地域より広い地域が対象になっているみたいですね。

商品についてはカテゴリわけされていて、お肉やお魚からお酒、お米などの名産品から調味料やスイーツ、さらには雑貨や工芸品などもあります。
メディアに取り上げられた商品も多数あるそう♡

私個人の意見ですが、今まで旅行先のお土産などを買ったり旅行先で食べてみたりする中で、ご当地名産品って品質的に間違いないと信じています。

間違いなくおいしいものばかりです。

だから名産品と名付けられるとは思うのですが。笑

そんな選りすぐりの逸品を集められているそうです♡

こんな人に是非おすすめしたい

ご当地名産品のショップということで是非おすすめしたい方はこんな方です♪

  • ご当地名産品が好きな方
  • こだわりの地酒や地方ワインが好きな方
  • 質の良いプレゼントを用意したい方
  • 選び抜かれた名産品を愉しみたい方、名産品で友人、家族をおもてなししたい方
  • 食通の方へのプレゼントに悩んでいる方
  • 大人なワンランク上のプレゼントを用意したい方

プレゼントにも最適ですし、ご自宅でおもてなしの一品にも最適ですね♡

先の旅行でのお土産の下見としてもいいかもしれません♪

また、サイトの中に「シーンから探す」という検索方法があるのですが項目も目的に応じていてすごく使いやすいんです。

  • 自分へのご褒美
  • とっておきの手土産
  • 大切な人へ
  • ホームパーティー・鍋・BBQ
  • 日常の食卓をちょっと豊かに
  • 贅沢な朝食を楽しむ

大切な人へというカテゴリなんかギフト選びにぴったりだと思います♡

プレゼントには良い品を贈りたい人、ぜひぜひおすすめです。

やっぱりJRだから安心

何と言っても、JRが運営しているという点で信頼度がかなり高いです!笑

他のサイトより安心して購入できる気がしませんか?

昔に起きた某おせち事件のようなことは起こらないと考えられますよね。笑

商品の質に関しても現地の評判が良いものが集まっているそうで、現地の声ってかなりリアルで重要だと思います。
その現地での評判が良いというところでかなりポイントが高いです!



今年の冬に金沢に旅行に行って食べ歩きもお土産もおいしいものをたーーーっくさん食べてきたのですが、それ以来お土産・ご当地品にハマっている私にはぴったりなサイトを見つけてしまいました…!

大人なプレゼントにもぴったりですし、自分へのご褒美にもぴったりなので私もぜひ活用してみたいと思います♡




喜ばれるプレゼント選びのおさえておきたい基本ポイント3つ

f:id:kuma999:20170606000818j:plain
こんにちは。
kumaです。


昔からプレゼント選びとラッピングが好きで、プレゼント選びという行動そのものに素敵な価値があると思っている私なのですが、何度プレゼントを選んでも悩むことは多々あります。

そんな時はプレゼントをもらった時のことを思い出すようにしています。

どんな時に嬉しかったのか、どんなサプライズに驚いたのか。

相手をあまり知らなくても悩むし、相手をとても大好きでも悩むものです。

相手を思って悩んでいる時間すらとても素敵なものだとは思うのですが、どうやってプレゼントを選べばいいのか、私的ポイント3つをまとめてみました。

もらった後相手がどうするかを考える

まず、消耗品にするかモノにするかの選択を考えます。

相手との関係性と性格を考慮して、消耗品がいいか、形の残るモノのプレゼントがいいのか。
これは結構性格で分かれます。

本当に欲しいものでなければ実際のところ残るプレゼントって少し困ったりします。

欲しいものがはっきりとわからない場合は消耗できるものがいいかもしれません。

ちなみに私が女性へのプレゼントでよく贈るのはバスグッズ系です。
バスグッズならいつでも使えますし、入浴剤ってお風呂嫌いの方でなければいつものお風呂と違って少し特別感が出ますよね♡

相手の好み、欲しがっていたものを思い出す

これは基本中の基本ですが、相手の趣味や好みを思い出します。

そこでぱっと思いつけばいいのですが、良いプレゼントが思い浮かばないときは最近の会話や会った日のことを思い出して欲しがっていたものがないか思い出します。

好きなキャラクターやブランド、趣味のグッズ、好きなスポーツ、仕事に使えるもの…いろいろありますよね。

もらった側としては自分が発した何気ない言葉を覚えていてくれたり、趣味を理解したプレゼントをくれたら嬉しくてたまらないです!!
覚えててくれたのーー!!って感激します。

でも定番商品は本人がすでに持っていたりしますよね。
そういう時はコラボ商品や期間限定商品などがないか調べてみたりもします♪

これはケーキ選びにも使えて、おいしいお店の期間限定ケーキなどを贈ると女性に喜ばれると思います♡

普段から相手の発言により一層注目してみるといいですね♪

適度な予算を考えて選ぶ

高いものをもらって嬉しい方は多いと思いますが、特に女性同士のプレゼントのやりとりはお返しを考えるものです。

とはいえ安いプレゼントをもらっても複雑…。

みなさんのプレゼント予算ってどのぐらいなのでしょうか?

こんな結果がありました!

◆相手別「誕生日プレゼント」の最も多い価格帯
母親 5,001円~10,000円(29.2%)
父親 3,001円~5,000円(25.1%)
親しい友人 3,000円以内(37.5%)
同僚・知人 3,000円以内(42.5%)
兄弟 渡さない(35.2%)

ここでも父親母親格差が…笑

それにしても兄弟に渡さない方が多いとは…!!

そして気になるパートナー

◆パートナーへの「誕生日プレゼント」の予算は? 
8位 50,001円~(4.8%)
7位 渡さない(5.4%)
6位 ~3,000円(8.6%)
5位 30,001円~50,000円(8.9%)
4位 20,001円~30,000円(9.5%)
3位 3,001円~5,000円(10.8%)
2位 5,001円~10,000円(23.5%)
1位 10,001円~20,000円(28.6%)

やっぱりパートナーのほうが予算が多いですよね♡

相手が誰にせよ、欲しいものを、安すぎず高すぎない額で用意出来たら最高ですね。



以上私なりの基本ポイント3つでした。

ここをおさえて是非プレゼントを選んでみてくださいね♡

父の日と母の日の扱いの格差について調べてみた

こんにちは。
kumaです。

前回父の日の記事を書いて思ったことが、

父の日ってなんで認識が薄いんだろう、という疑問。笑

世の中のお父さん方、かわいそうすぎる。笑

ですが、よくよく昔を思い出すと確かに母の日と父の日への力の入れ方って違った気がします。


父の日と母の日の格差問題について調べてみました。


まず、「父の日 母の日 格差」でググってみた結果、検索結果約 6,390,000 件。
多い。笑

全然関係のないサイトもヒットしてはいると思いますけどね!
みんな同じこと思っていたんだなあ。


そしてこの格差問題を考察された記事を発見。
www.news-postseven.com
※去年の記事なので日付が今年と異なっています

最初からお父さん方へは悲しい調査結果が。

6月19日は何の日か。クリエイティブサーベイ株式会社が20~50代の男女を対象として6月上旬に実施した調査によると、25%しか認識している人がいなかったそうだが、父の日である。

 同調査では、こんどの父の日にプレゼントを渡す予定「なし」が67%だったという。「父親に今後期待することはどんなことですか?」の問い(複数回答可)に対しても、1位は「生き生きと生活すること」34.8%だが、僅差の2位が「何も期待しない」30.3%だ。「父親の好きなところを教えてください」(複数回答可)では、トップが「特になし」26.7%になっている。

 父の日を目前に、世のお父さん方には、悲しいデータが続くのである。

 もしかしたら調査が偏っているのかもしれない、と、日本生命保険相互会社が5月に行った回答者数1万人超のアンケートもチェックした。が、そこでも父の日にプレゼントを「贈らない」が、51.1%と過半数を上回っていた。

要因として、文中にもありますが、母の日はカーネーションという定番ができているにも関わらず、父の日にはこれが定番!というものがないのもプレゼント選びに迷い、結果渡さなくなってしまう…ということもあると思います。

そしてこの記事では格差の理由をこう結論付けています。

理由は、それぞれの家族や親子ごとに個々別々、そう簡単に一括りで言葉にできるようなことでない。とはいえ、ざっくり言えば、それだけお父さんがお母さんより家族や子供から遠い存在ということだ。父親である自分自身を省みながら、今夜もこうして家に帰っていないものな、「仕事だから」と家族を放っている時間が相当あるからそうなるよな、と認めざるをえないのである。

それですよね。やっぱり。

産経でもこんな記事が。
www.sankei.com

お父さん方…切ない…

でもでも!こんな素敵なまとめもありました♪
matome.naver.jp

いろいろと読んだ結果、格差の原因はやっぱり定番ギフトが定まっていないことと、日本の家庭での父親と子供の距離が母親よりも遠いことの2点だと思います。

昔はTHE昭和の男!みたいなお父さんが多かったですが最近は友達みたいなお父さんや育児や家庭を大切にするお父さんも増えていますよね。

今年の父の日をきっかけにもっと家庭での距離が縮まって素敵な時間を家族で過ごせる方が増えるといいな、と思います♡

がんばれ世のお父さんたちー!!

ちなみに我が家は家族とても仲がいいので記事のようなお父さんがかわいそうなことにはなっていませんよ♪


素敵な父の日を♡